エデンの園

骨盤ダイエットに成功した私が興味あること・・・

ダイハツ タントは乗り心地と居住性がいい

軽自動車の中古車では、ハイト系の軽自動車は大変人気があります。
そのなかでも、ダイハツ「タント」の販売実績は、2010年には2位にまで人気が上昇し、2014年にはついに第1位、その後2015~2016年も第2位と、大健闘しております。


タントの特長として、乗り心地、居住性がいいことです。
しなやかな乗り味と相まって、前後席ともに乗り心地が良く、
ミラクルオープンドアによる、1480mmの大開口と、
フロアを低く設定したことで乗り降りが楽に行えます。


実用性も高く、リアシートは左右独立でスライドでき、なおかつ格納できます。

さらにシートバックを前倒しできます。

助手席と合わせて、用途に合わせたアレンジが可能となります。


新車タントはこの通りですが、中古車 タントの評価は、
一体どうなんでしょう。

いろんな中古車専門店での評価とかネットのサイトも当たってみましたが、
タントカスタム2代目の査定相場 による価格相場は、

中古になってもなかなか値が下がらないので、中古車でも新車同様に人気があり、
好評価がされているようです。

アルファードの運転と乗り心地、走行性能も魅力 

トヨタ アルファードは、兄弟車のヴェルファイアとともに、
トヨタミニバンの、フラッグシップカーと言われています。

高級ミニバンに相応しい、雰囲気も穏やかさが好みの人に適しています。
とくに、居心地のよさは、他の追随を許しません。

運転のしやすさという点を見ましても、着座位置が高めに設定され見晴らしが良く、
ボディ前端の位置、斜め後方は死角になる部分が多いものですが、
把握しやすいく、走行性能も魅力です。

操縦性も、ボディサイズや車重に左右されず、安定した操縦性を発揮するのは、
低床化の恩恵によるものです。
前後席ともに乗り心地は快適です。

高級ミニバンのトヨタ アルファード20系に乗っている方も、 
このような最新モデルが、そろそろ気になってくる時期ではないでしょうか。









 

室内の圧倒的な広さのタント

ダイハツのタントは、2003年に発売され、
2013年のフルモデルチェンジで3代目となります。
室内の圧倒的な広さや視界の良さがウリです。

エンジンは、直列3気筒DOHC12バルブ(52馬力)と、
直列3気筒DOHC12バルブインタークーラターボ(64馬力)
の2種類があります。

全グレードにスマートアシストが設定され、エマージェンシーストップシグナルを、
全車に採用しております。
28.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現し、
全車エコカー減税「免税」レベルを達成しています。

エンジン型式は、KF-VE、排気量 658cc です。
最高出力は、 43(58)/7,200 kW(PS)/rpm、
最大トルク 65(6.6)/4,000  N・m(kg-m)/rpmとなっています。


アルファードをgooで買取査定する

gooの買取専門サイトがあります。
ネット上なら30秒ででき、簡単な査定がポイントです。

今、アルファードに乗っていて、5万キロを超え、車体色も変えたいこともあり、そろそろ乗り換えをと思い、簡単にアルファード20系の買取査定をしておきたいと考えています。
全て自己申告ですので、正式査定ではありませんが、ある幅の目安を知ることができる点は、評価できるでしょう。

今すぐに車を売却するわけではないのですが、そろそろ売却することをイメージして、査定を試してみたいと思います。
この査定システムの利点は、どのようなポイントを把握しておけばよいかが、わかるところです

gooの車査定では、メーカー、年式、車種、グレード、車体色、走行距離、車検までの残期間、排気量などの基本情報のほか、オプションなどの有無を入力します。
そして、個人情報を入力するだけで、査定が完了しますが、、実車にはキズやへこみ、内装の汚れなどがあるでしょう。

その中古車を購入して、高く売却する自信があれば、高値で買い取ってくれるからです。
gooの査定を行った後は、オークションでの販売も可能で、gooのサイトに掲載して販売することもできます。

gooのポイントは、基本情報だけである程度の査定を行なってくれることです。

ジムニーとオークション

スズキの軽自動車、ジムニー
どこから買いますか。
オークションには、たくさんのジムニーが出品されています。
 
マニアックなジムニーが多いのです。
改造されているジムニーも、少なくありません。
 
オークションは、一般の買い取り業者を経由するよりも、安く特徴的なジムニーを、手に入れられるかもしれません。
ただ、オークションは、買い取りと違いますから、注意することが大切です。

低公害車エコカーの開発

低公害車エコカーの開発は、日本メーカーが世界の最先端を行っており、電機会社と自動車会社とが連携するなどして開発されています。
1997年には、トヨタ自動車が世界で初めてとなる、量産型のハイブリッド車「プリウス」を発売しました。

引き続き、アクア 、プリウス、 カムリ、 エスティマ 、アルファード、ヴェルファイア、ハリアー、SAI 、クラウンに適用されております。
また、ホンダが2009年に売り出したハイブリッド車「インサイト」は、価格200万円を切り話題となりました。

2009年夏には三菱自動車も電気自動車「アイ・ミーブ」を販売しました。
そして、現在では燃料電池車の実用化に向けて動き出しています。

世界同時不況に対する景気刺激策として、日本や欧米各国は“次世代自動車”として期待の大きい「エコカー」を普及させるために、相次いで補助金や税制優遇策を導入しました。
そして、2020年には、ハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車を合わせた普及台数は、日本国内だけでも1000万台以上になるという試算も出ています。

さて、「ハイブリッド車」とは、エンジンとモーターといったように、異なる2種類の動力源を組み合わせて走行するエコカーです。
状況に合わせて、個々に作動させたり、同時に作動させたりする仕組みになっています。
「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「シリーズ・パラレル方式」の3種類のシステムがあります。