トヨタ アルファードは、兄弟車のヴェルファイアとともに、
トヨタミニバンの、フラッグシップカーと言われています。

高級ミニバンに相応しい、雰囲気も穏やかさが好みの人に適しています。
とくに、居心地のよさは、他の追随を許しません。

運転のしやすさという点を見ましても、着座位置が高めに設定され見晴らしが良く、
ボディ前端の位置、斜め後方は死角になる部分が多いものですが、
把握しやすいく、走行性能も魅力です。

操縦性も、ボディサイズや車重に左右されず、安定した操縦性を発揮するのは、
低床化の恩恵によるものです。
前後席ともに乗り心地は快適です。

高級ミニバンのトヨタ アルファード20系に乗っている方も、 
このような最新モデルが、そろそろ気になってくる時期ではないでしょうか。