低公害車エコカーの開発は、日本メーカーが世界の最先端を行っており、電機会社と自動車会社とが連携するなどして開発されています。
1997年には、トヨタ自動車が世界で初めてとなる、量産型のハイブリッド車「プリウス」を発売しました。

引き続き、アクア 、プリウス、 カムリ、 エスティマ 、アルファード、ヴェルファイア、ハリアー、SAI 、クラウンに適用されております。
また、ホンダが2009年に売り出したハイブリッド車「インサイト」は、価格200万円を切り話題となりました。

2009年夏には三菱自動車も電気自動車「アイ・ミーブ」を販売しました。
そして、現在では燃料電池車の実用化に向けて動き出しています。

世界同時不況に対する景気刺激策として、日本や欧米各国は“次世代自動車”として期待の大きい「エコカー」を普及させるために、相次いで補助金や税制優遇策を導入しました。
そして、2020年には、ハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車を合わせた普及台数は、日本国内だけでも1000万台以上になるという試算も出ています。

さて、「ハイブリッド車」とは、エンジンとモーターといったように、異なる2種類の動力源を組み合わせて走行するエコカーです。
状況に合わせて、個々に作動させたり、同時に作動させたりする仕組みになっています。
「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「シリーズ・パラレル方式」の3種類のシステムがあります。